設備・仕様



ストラクチャー 目に見えないところまで「確かさ」を。

  •  「ル・サンク宮の森センタークラス」は、より確かな住まいの信頼を約束する住宅性能評価を受けたマンションです。

    • ●住宅性能とは

      構造の安定や火災時の安全、維持管理のしやすさ、お年寄りへの配慮などを国土交通省に登録を行った住宅性能評価機関が一定の基準に基づいて評価し、等級や実数などを表示します。また、評価は建物が建つ前の「設計性能評価」と、建物が建つ過程を検査しながら行う「建設性能評価」の2段階からなります。

    • ●「設計評価」と「建設評価」の違い

      「設計評価」に表示される等級や数値は設計段階で評価されたもので、「建設評価」は施工段階と建物完成時の検査を経て評価されるものです。なお、性能の表示内容は建物が完成した時点のもので、歳月とともに性能が変化することも考慮する必要があります。

    • ●無用な住宅トラブルを大幅に解消

      万一トラブルになった場合でも、品確法により国土交通大臣が指定する「指定住宅紛争処理機関」の紛争処理体制が利用できます。弁護士や建築士などの専門家によるあっせんや調停、仲裁を安価で受けることができます。

  • シックハウスに配慮した健康空間

    内装にはJISまたはJAS規格のF☆☆☆☆相当以上など、ホルムアルデヒドの放散量が極めて少ない、住宅性能表示制度で定められた最高レベルの3等級に当たるものを使用しています。

  • 居室の天井高は最大約2,500㎜

    リビング・ダイニングと洋室・主寝室は2,500㎜の天井高を確保。縦の高さにより、さらに広さを実感できる空間設計となっています。

  • 音に配慮した住戸内の間仕切り壁

    間仕切壁の石膏ボードはすべてに12.5㎜のものを使用。とくに音が気になる部屋まわりには、9.5㎜厚と12.5㎜厚の石膏ボードの二重貼りを施しています。

  • コンクリート強度・水セメント比

    コンクリートの強さは圧縮強度(単位面積当たりどれだけの重量に耐えられるか)で測定します。「ル・サンク宮の森センターテラス」のコンクリート圧縮強度は27~36N/㎣(建物本体)。地震などの「押しつぶす力」に強さを発揮します。さらにセメント量に対する水の量を50%以下に設定し耐久性を高めています。コンクリートのさまざまな条件にも配慮して、永住の住まい建設にあたっています。

  • バリアフリー設計

    つまずきによる転倒などを防ぐために、居室や水まわりの出入口など、住戸内の床段差を可能な限り解消。お子様からご高齢の方まで安心です。

  • 外気温を室内に伝えにくい断熱性

    最上階の屋根部分は、コンクリートスラブが夏は太陽の熱で熱くならないように、冬は雪などで冷やされないように約85㎜厚の外断熱とし、外壁には約55㎜の厚さを確保する事で、外気温を室内に伝えにくい構造としました。これによって屋根スラブは劣化しづらく、気密性の高いマンションで心配される結露の発生を抑える効果もあります。

  • サヤ管ヘッダー方式の給水管

    専有部の給水管には、ポリブデン管を採用しているため、錆や腐食による汚れのないクリーンな水を供給。サヤ管ヘッダー方式の採用で将来のメンテナンスも容易です。

  • 床厚は最大約250㎜を確保

    床スラブと遮音性の高いフローリング等を総合した床厚は、最大約250㎜を確保。構造体としての強さと同時に、断熱性、遮音性においてすぐれた効果を発揮します。

  • 24時間換気システム

    気密性の高いマンションでは計画的な機械換気は不可欠。窓を開けることなく外気をとり入れ、室内の空気を排出する24時間換気システムを採用しています。




現地案内図